【MLB】ドジャースは不良債権処理の名人!? 米絶賛「球界で断トツに財政的に魅力」

ドジャースは先日、総勢7選手を動かす大型トレードをレッズとの間で成立させた。
アンドリュー・フリードマン編成本部長率いるドジャース首脳陣を、不良債権処理の名人だと称えた。記事では、今回のトレードでドジャースが最大の目的としたのは「金」だと指摘。来季は8年1億6000万ドル(約13億3400万円)を残し、今オフ3度目の年俸調停を迎えるプイグとケンプは、それぞれ年俸1200万ドル(約24億1500万円)と900万ドル(約10億円)以上を手にすることが予測される。
一方、ベイリーは2019年は500万ドル(約47億7500万円)で2020年は年俸2300万ドル(約25億5400万円)だが、記事ではレッズはベイリー1人に支払う予定だった金額より「わずか1500万ドル(約16億6500万円)高くなるだけで」来季も一定の活躍が期待できる3選手を獲得できたと説明。同時に、ドジャースは一気に1500万ドル分を節約しつつ、将来有望株まで2人手に入れた。
ドジャースはフリードマン編成本部長の就任以来、トレードを上手く活用しながら不良債権、あるいは将来的に不良債権と化しそうな選手を他球団へ放出してきた。就任直後の2014年オフにはマーリンズとの7人トレードで二塁ディー・ゴードンと右腕ダン・ハレンを放出。パドレスとの5人トレードでは、ケンプと捕手ティム・フェドロビッチを手放した。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。