巨人に移籍のリーグMVPの丸佳浩 第2の小笠原道大になれるか

今季まで広島に在籍していた丸佳浩外野手(29)がフリーエージェント(FA)権を行使して、巨人に移籍することが決まった。
今月11日に東京都内で入団会見に臨んだ丸は、重圧とは無縁であることを強調した。「自分はプラス思考。いざ試合が始まれば、そういったこと(重圧)は考えず、目の前のことに入っていけると信じている。」
今のところそういう不安はない 巨人の過去を振り返ると、毎年のようにFAで選手が加入している。1994年には三冠王経験のある落合博満が中日から入団。95年には三冠王経験のある落合博満が中日から入団。
松井秀喜、高橋由伸ら生え抜きの選手と、他球団からの移籍組の融合によって、巨人の強さは支えられてきた。しかし、近年は期待されて入団したFA選手が低調で、それがチーム成績の低迷につながっている。2017年は日本ハムから陽岱鋼、DeNAから山口俊、ソフトバンクから森福允彦が加入したが、けがや不調に苦しみ、3選手が低調で、それがチーム成績の低迷につながっている。
この年は球団ワーストの13連敗を喫するなど4位に沈んだ。シーズン途中には、成績不振の責任をとって、堤辰佳ゼネラルマネジャー(GM)が退任。堤氏は退任時、チームの低迷について「獲得した選手らの出遅れなどが大きな要因」とコメントしたが、確かにFA選手の不調が痛かった。
FAで加入した選手には、戦術や練習方法、住環境の大きな変化など難しさがつきまとう。また巨人の場合、成績が良ければ喝采を浴び、悪ければ厳しく批判される人気球団特有の重圧もある。丸にとって、道しるべになりそうな成功例もある。
06年に日本ハムでパ・リーグMVPに輝き、翌07年に巨人に移籍した小笠原道大だ。移籍初年から打率・313、31本塁打、88打点という好成績を残し、リーグをまたいで2年連続MVPを受賞。同年から巨人をリーグ3連覇に導いている。
移籍前年にMVPに選ばれているというだけでなく、左打者で、長打力があり、打率も稼げる「3番打者タイプ」というのも似ている点だ。今回、丸を口説き落とした原辰徳監督だが、12年前も監督を務めており、小笠原とのFA交渉にも当たっていた。丸に小笠原とのFA交渉にも当たっていた。
4年連続でリーグ優勝を逃している巨人はこれ以上苦杯をなめるわけにいかない。「チームの勝利に一つでも貢献できるようなプレーをたくさんしていきたいという丸が額面通りに働けば、久々の歓喜が見えてくる。」

 
ref
 

コメントは受け付けていません。