王貞治がレジェンド選手1位「プロ野球総選挙」で発表 2位は長嶋、3位は松井秀

ソフトバンクの王貞治会長が24日放送されたテレビ朝日系「プロ野球総選挙~レジェンド選手編~」でトップに輝いた。
3位の松井については、ヤンキース時代にMVPを獲得した2009年のワールドシリーズでの本塁打を振り返った。番組出演したプロ野球評論家の野村克也氏は、1位予想に長嶋茂雄氏の名を挙げ、「この人はね、選手としては大したことがないの。人気がすごいの。」
あの人気は何なんだろう。この人のうまいのはね、優しいゴロを難しく見せると“ノムさん節”を披露していた。今年1月8日放送の同局系「プロ野球総選挙」では現役選手も含まれ、【野手部門】では1位に王貞治、3位が大谷翔平、5位が大谷翔平、5位が大谷翔平、5位が松井秀喜がランクイン。
【投手部門】では、1位に大谷翔平、2位・金田正一、5位・稲尾和久、4位・田中将大だった。なお、この日発表されたベスト30は以下の通り。カッコ内は主な所属球団。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。