西武が本拠地改修の「上棟式」を実施 選手寮・室内練習場などは来年6月に竣工へ

西武は25日、「メットライフドームエリアの改修計画」の上棟式を新室内練習場・若獅子料の建設地で執り行った。
最後はライオンズのキッズTシャツと監督のサイン色紙をプレゼントした。【コメント】▼株式会社西武ライオンズ取締役オーナー・後藤高志氏室内練習場や若獅子寮が新設することで、より選手たちの練習環境が良くなります。ぜひ、選手たちには徹底的に練習をしてもらい、常勝ライオンズを作ってほしいと思っています。
また、これからボールパークになっていくことで、ファンの皆さまにも更に喜んでいただくことができる球場へ生まれ変わると思います。▼西武・辻発彦監督吊上之儀では、鉄骨が上がっていく光景を見ながら、選手、チームが「熱く果敢に戦う集団」になってほしいという、ペナントに込めた願いが叶うようにと思っていました。
室内練習場も若獅子寮も、そしてメットライフドームも変わっていくので、チームも新しく変わっていきたいです。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。