【MLB】二刀流と並ぶ球界変革「オープナー」 CY賞左腕「当初はバカげていると…」

2018年、メジャーは“二刀流”大谷翔平の登場に沸いた。
大谷の活躍を受けて、メジャーでは二刀流という考え方に門戸が開かれたが、今季はもう1つ、球界に新たな概念をもたらす出来事があった。それが「オープナー」の採用だ。MLB公式サイトでは「レイズ改革の始まり」と題した特集記事を掲載。
そこで「オープナー」の第一人者になったベテラン救援セルジオ・ロモにインタビューを行っている。二刀流・大谷を擁することで、通常5人の先発ローテを6人に増やし、週に1度の先発ローテを6人に増やし、週に1度の先発スケジュールに変えようとしたエンゼルス。
「ブルペンデー」は必要から生まれた産物だったという。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。