米野球殿堂 リベラ氏が史上初の満票で選出なるか

【マサチューセッツ州ボストン発=カルロス山崎通信員】米国野球殿堂の2019年の候補者の投票が行われている。
途中経過ではリベラ氏は100%。同じく1年目で昨年事故死した通算203勝右腕ロイ・ハラデー氏は83・9%で当選ラインの75%を超えている。
また、7年目の3人、レッドソックス時代の2004年のワールドシリーズで血染めの靴下の激投で知られるカート・シリング氏は74・2%。薬物疑惑の通算354勝のロジャー・クレメンス氏は74・2%。薬物疑惑の通算354勝のロジャー・クレメンス氏は73・1%で75%まであと一歩だ。結果は来年1月22日(同23日)に発表される。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。