阪神矢野vs中日与田 元バッテリー対決にも注目

<ニッカンスポーツ・コム/プロ野球番記者コラム> 先日、ゴルフ場で取材していたら阪神矢野新監督へのエールを次々と聞いた。
不思議な縁がある。その中日は生え抜きOBの与田新監督が誕生した。実は90年ドラフト2位で中日に入団した矢野監督は、プロ初出場した91年8月3日の阪神戦(ナゴヤ)で、与田監督とバッテリーを組んでいる。
プロの第1歩を踏んだ試合でボールを受けた投手と、来季はお互いに新監督として相まみえることになった。監督就任を知ってすぐに電話で話したという山崎氏も元同僚に「アメとムチがうまい指導者だと思う。いい指導が出来ると思う。」
いい選手がたくさんいるし、化けそうな選手もたくさんいる。そのへんをどう引き出すかじゃないかなと期待していた。来季の対決ではベンチにいる元バッテリーの「読み合い」にも注目が集まる。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。