鷹は支配下全員活躍の2013年が当たり…球団別“ベスト&ワースト”ドラフト

残りあとわずかとなった2018年。
オフに入り、各球団は来季の戦力編成に着手。ドラフトで指名された期待のルーキーたちの入団も正式に決まり、お披露目の場となる新入団選手発表も続々と行われた。今秋のドラフトでは中日に入団した根尾昂内野手やロッテの藤原恭大外野手、広島の小園海斗内野手、広島の小園海斗内野手、日本ハムの吉田輝星投手、ソフトバンクの甲斐野央投手らが注目を集めた。
今後、彼らがどういった活躍を見せるかは、新たな時代となる来季の注目である。とはいえ、その年々のドラフトの成果というものは、指名から5年、10年経ってからでないと分からないもの。そこでここでは、各球団のドラフトを遡り、指名から4年が経った2014年から2008年の間の“ベスト”と“ワースト”ドラフトを独自で選出した。
第1回は2年連続で日本一になったソフトバンクだ。まず“ベスト”ドラフトは2013年は2年連続50試合登板を果たし、今季はサファテの代役として守護神も任された。
37セーブを挙げて初のセーブ王のタイトルも獲得した。4位の上林はソフトバンク外野陣にあって、右翼手のレギュラーを確固たるものにした。今季はキャリアハイの成績を残し、守備面でも大きくチームに貢献した。
“外れ”1位の岡本も今季23試合に登板。3位の岡本も今季23試合に登板しており、指名された4選手全員が1軍で戦力になっている。
さらに育成1巡目では今季13勝をマークした石川も入団しており、こちらも稀に見る“当たり年”といえるだろう。2010年も球界を代表する打者となった柳田が入団。育成でも4巡目から千賀滉大、牧原大成、甲斐拓也の3人が入団。
柳田、千賀、甲斐の3人は侍ジャパンのメンバーにも選出し、タイトルも獲得。一度のドラフトで、これほどまでに球界を代表する選手が出てくるのも稀有な例といえるが、支配下でチームに残るのは柳田ただ1人。支配下でチームに残るのは柳田ただ1人。
摂津正(2008年)、東浜巨(2012年)と、毎年1人ずつは1軍の主力となる選手を輩出できているソフトバンク。目立って“失敗”と言う年がないのが、近年、常勝軍団となったチームの礎となっているのだろう。その中で敢えて“ワースト”を挙げると2008年か。
5位で指名した摂津正が即戦力として輝かしい成績を残せないままに戦力外に。立岡は巨人に移籍。3位の巽は結果を残したものの、ドラフト1位の近田も1軍出場がないまま、2012年に戦力外に。
“ベスト”ドラフト【2013】× 松井裕樹投手× 松井裕樹投手× 松井裕樹投手× 杉浦稔大投手1 加治屋蓮投手2018:143試合551打数149安打22本塁打0打点 .120育5 摂津正投手(2014戦力外→楽天、2016戦力外)通算:50試合2勝4敗37セーブ6ホールド 3.47育2 立岡宗一郎外野手(→巨人)2018:143試合551打数149安打22本塁打2打点 .270通算:89試合2勝0敗0セーブ0ホールド 3.47育2 東方伸友投手(2012契約解除)通算:299試合17勝13敗39セーブ89ホールド 5.16通算:1軍出場なし通算:306試合1029打数275安打37本塁打2打点 .2513 近田怜王投手(2017戦力外→楽天、2014年戦力外)通算:1軍出場なし育3 柳川洋平投手(2014戦力外)2018:1軍出場なし通算:299試合17勝13敗39セーブ89ホールド 5.16通算:76試合21勝9敗0セーブ6ホールド 1.29育4 上林誠知外野手2018:42試合52打数12安打0本塁打2打点 .250。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。