鷹・甲斐、2500万円増の6500万円 2度目交渉で1000万円上積み「納得してサイン」

ソフトバンクの甲斐拓也捕手が26日、ヤフオクドームの球団事務所で2回目の契約更改交渉を行い、2500万円アップとなる6500万円でサインした。
日本シリーズでは6連続盗塁阻止もあり、守備面で大きくチームに貢献した。その一方で、規定打席に届かない363打席に終わったことが示すように、ペナントレース中はチームの戦略もあって試合途中の交代が多く、打率も前年を下回る.213だった。21日に行った1回目の交渉では、今季の年俸4000万円から1500万円増の5500万円とみられる提示を保留しており「前回も自分としてはわがままを言える立場ではないですし、成績も残せていない。」

 
ref
 

コメントは受け付けていません。