【MLB】今オフのエンゼルスは方針転換? “お手軽価格”の選手中心の補強戦略へ

エンゼルスが、失敗続きだったオフの補強戦略を修正しつつあるようだ。
獲得した主な選手は、アスレチックスからFAのトレバー・ケーヒル投手、レッズからFAのジャスティン・ボーア内野手といった顔ぶれだ。
ボーアの契約は年俸250万ドル(約2億7500万円)に打席数により50万ドル(約5600万円)の出来高がつくという格安のFA選手。ケーヒルとハービーに関しても、実績から見ると妥当な額と言える。記事では、チームの顔であるマイク・トラウトが2020年に契約切れということに触れ、エンゼルスがトラウトの“相棒”となるべき大物選手の獲得にことごとく失敗してきたと指摘。
ジョシュ・ハミルトン、バーノン・ウェルズらと大型契約を結びながら低調なパフォーマンスに終始した事実を踏まえ、「(球団は)頑張れば頑張るほど、驚くくらい失敗しているように見える。トラウトの周りの脇役たちは、良く言ってもパッとしない、悪く言ってもパッとしない、悪く言うと全くひどかったと一刀両断。」
しかし、エンゼルスは今季、野手ではボーアを獲得したぐらいで、マニー・マチャド、ブライス・ハーパーといった野手の大物FA選手獲得に関してはまったく興味を示していない。故障続出の投手陣にも問題があり、大谷翔平は打者としてトラウトの相棒役をしっかり務めているものの、今オフ受けたトミー・ジョン手術の影響で来季は投手としては登板できない。先発陣の強化も大きな課題ではあるが、記事では「エンゼルスがマット・ハービーとトレバー・ケーヒルと1年契約をしたことに全く失望していない。」

 
ref
 

コメントは受け付けていません。