中島、金子、西流失したけど…オリ 今オフ初慰留 安達と3年契約へ

オリックスが安達了一内野手(30)に対して3年契約を用意していることが26日、分かった。
球団側は下交渉の席で突然複数年の選択肢を提示。安達を「単年でサインするつもりで来たんですが…」と困惑させていた。安達は以降も「単年」を軸に熟考。
交渉日程も先延ばしとなり、他の選手は全員更改を終えた。ただ、16年に発症した潰瘍性大腸炎の件で「球団に迷惑をかけている」と以前から語っており、球団の用意した3年契約を「誠意」と受け取って受諾する模様だ。体調不安があったとはいえ、今季も140試合に出場。
守備範囲の広さや通算93盗塁など、走攻守で存在感の光る安達が仮にFA宣言すれば、他球団も黙ってはいない。特に今季推定年俸6400万円は格安で、獲得調査がしやすい選手。主力の流出が続いた際、チーム内では「安達さんまで出て行ったらまずいですよ」と不安を訴える選手もいただけにファンに対しても、ようやく明るい話題の提供となりそうだ。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。