根尾、藤原が始球式 プロ野球ジュニアT、札幌で開幕

プロ野球の各球団から選ばれた小学5、6年の少年少女が日本一を目指して対戦する「NPB12球団ジュニアトーナメント」が27日、札幌ドームで開幕した。
開会式に学校の制服姿の2人が現れると、出場する小学生たちは輝いた目で見つめていた。根尾はこの大会に出場した時を振り返り「自分より秀でるものを持っている選手がいて、負けないように頑張ろうと思わせてくれた。試合はすぐ負けたが、大会前にいっぱい練習して、チームができてくるのを感じたのが印象に残っている」と話した。
藤原は「この大会の経験は小学生の中で一番大事だった」と懐かしみ、今回の出場選手へ「一球一球を大事にしてほしい」とエールを送った。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。