沖縄で根尾&松坂見せたい 与田監督が公式戦誘致

2018年の巨人は67勝71敗5分けでセ・リーグ3位だった。
投手では、菅野が沢村賞の選考基準全項目クリアで2年連続沢村賞。山口俊とCSの菅野と年間2度のノーヒットノーランも達成された。巨人ファンにとって今年最も印象に残っている試合は? 激動の由伸巨人3年目、18年シーズンを開幕から振り返る。
▼3月30日 中日戦(ナゴヤD)陽が死球で翌日に登録抹消。
誕生日が同じ沢村と上原のリレーで由伸監督にバースデー白星7日 DeNA戦(神宮)で山口俊14K完投。
内海が好投、阿部が3ランで援護、上原1点リードピシャリ11日 吉川尚、松坂からプロ初本塁打で勝利20日 6被弾で大敗。
5試合連続2ケタ残塁は球団史上初めて8日 西武戦(東京D)ゲレーロがコンディション不良のため初回に代打送られ交代。
菅野、涌井と投げ合って完封。和田恋プロ初出場。ゲレーロ登録抹消17日 ロッテ戦。
借金6に30日 中日戦(ナゴヤD)でヤングマン、8回0封で初登板初勝利4日 カミネロ登録抹消で名古屋から帰京。
坂本が史上3番目、球団最年少で1500試合出場17日 坂本勇が左脇腹肉離れで登録抹消、老川オーナー辞任、ヤングマン球団30年ぶりG1年目外国人のデビューから2戦2勝。陽が5打点で援護20日 広島戦(マツダ)上原が日本人史上初の100勝 100セーブの「トリプル100」達成。
高田がプロ初登板初先発も6失点、マシソン左膝痛で登録抹消31日 DeNA戦(横浜)内海4年ぶり完封。
吉川尚、一塁ヘッドスライディングで骨折2日 広島戦投入も、左打者5人の打線に11安打5失点11日 中日戦(ナゴヤD)で今村プロ初完封10日 広島戦投入も、左打者5人の打線に11安打5失点11日 広島戦(マツダ)菅野熱投。
9回2死から陽の同点弾。吉川光が延長戦で代打で犠打も引き分け12日 今村7回1失点。1番・重信3安打。
昨年からのマツダ連敗13でストップ14日 中日戦(東京D)4点追う9回に5得点で逆転サヨナラ。
中川プロ初勝利25日 阪神戦(東京D)菅野2試合連続完封、斎藤雅樹以来球団23年ぶりのシーズン5完封。
沢村が5点リードの8回に6失点で逆転負け27日 坂本勇が今季初の2番スタメンも敗れ、広島戦(東京D)延長10回、アダメスが申告敬遠含む4四球で押し出し。1点差負けで1点差試合の勝敗9勝23敗に30日 中日戦(ナゴヤD)延長10回、アダメスが申告敬遠含む4四球で押し出し。
重信、松坂からプロ初本塁打5日 DeNA戦(富山)初回先頭大和の飛球を重信と亀井がお見合い。
岡本30号。
6投手継投で1点差勝利。山口俊が移籍初セーブ24日 阪神戦(甲子園)7回無死二、三塁から無得点で0―0引き分け。
山口俊が10回から3イニング28日 DeNA戦(東京D)に村田修一さん来場。東の前に7回まで無得点も菅野が9回無失点の熱投。長野サヨナラ本塁打で1―0勝利。
菅野は年間7完封▼10月4日 前日3日、由伸監督が今季限りでの辞任を発表して迎えた広島戦(マツダ)で菅野が中5日で4安打11奪三振完封。江川卓以来、球団37年ぶりのシーズン「200イニング&200奪三振」を達成。阿部が通算399号本塁打。
9日 阪神戦(甲子園)岡本が2本塁打、シーズン最終打席で33号2ランを放ち劇的な100打点到達。史上最年少で「打率3割30本塁打100打点」達成。
菅野が5点リードの9回に中4日でリリーフ登板。選手は「由伸監督と1日でも長く」を合言葉に一丸、CS進出を決める。
今村がが5回途中1失点。2番手上原がイニングまたぎで打者4人パーフェクトリリーフで勝利投手に。
菅野がポストシーズン史上初のノーヒットノーラン達成。19日 CS最終S第3戦・広島戦(マツダ)初戦から3連敗で、アドバンテージの1勝を含め広島が日本シリーズ進出決定。
由伸巨人の戦いが幕を閉じる。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。