菅野入団拒否も上沢、近藤ら躍動の2011年…球団別“ベスト&ワースト”ドラフト

残りわずかとなった2018年。
オフに入り、各球団は来季の戦力編成に着手。ドラフトで指名された期待のルーキーたちの入団も正式に決まり、お披露目の場となる新入団選手発表も続々と行われた。今秋のドラフトでは中日に入団した根尾昂内野手やロッテの藤原恭大外野手、日本ハムの吉田輝星投手、西武の松本航投手、ソフトバンクの甲斐野央投手らが話題となったが、今後、彼らがどういった活躍を見せるかは来季以降の注目となる。
毎年話題となるドラフトだが、その成果は指名から5年、10年経たないと分からない。そこで、ここでは各球団のドラフトを独自で選出した。第4回は日本ハムだ。
まず、“ベスト”ドラフトは2011年だ。巨人入りを望んでいるとされていた菅野を1位で指名し、巨人との競合の末交渉権を獲得。しかし、菅野の入団拒否の意志は固く、契約には至らなかった。
にもかかわらず、2位以下で多くの有望株を発掘し、ドラ1不在の影響を感じさせない結果になったことから、2011年を“ベスト”ドラフトに選定した。2位以下で多くの有望株を発掘し、ドラ1不在の影響を感じさせない結果になったことから、2011年を“ベスト”ドラフトに選定した。
リーグ10位となる打率.274を残した。今季は打率リーグ3位(.323)、出塁率リーグ2位(.427)の好成績を残した。今季は打率リーグ3位(.323)、出塁率リーグ2位(.427)の好成績を残した。
上沢は今季が初の規定投球回到達で、リーグ3位の防御率3.16を記録し、日本ハムのエースへ成長を遂げた。即戦力投手として期待された森内は、ルーキーイヤーにリリーフとして56試合に登板。故障の影響もあり、その後は3年間で12試合の1人だ。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。