西武初のGMに就任する渡辺SD フロント入り後から意識し続ける人物とは…

西武は、来年1月1日付で球団本部の組織改正を行うことを25日に発表した。
西武では球団史上初のGM誕生だが、過去に呼称こそ違えど同様の役割を果たした人物が1人いる。40年前の1978年、クラウンライター・ライオンズの監督に就任した故・根本陸夫氏だ。西武が球団を買収した同年オフには管理部長を兼任し、選手獲得などで辣腕を振るった同氏は、退任後にダイエー(現ソフトバンク)の基礎を作った。
渡辺SDが1983年ドラフト1位で西武に入団した際も、管理部長を務めていたのは根本氏だった。「選手時代に一緒にやらせてもらっていたが、プロ野球の世界に入って一番強烈に印象に残っているのが根本さんと話す渡辺SDは、「根本さんの感覚であったり、立ち位置であったり、立ち位置であったり、立ち位置であったり、立ち位置であったり、立ち位置であったり、そういうものはずっとこの仕事(SD)を始めてから頭の中にありますと、こんなやりとりがあったという。」

 
ref
 

コメントは受け付けていません。