【巨人】フィジーで野球普及活動…ラグビー国技の南国をOB北篤さんが訪問

巨人がこのたび、南国のフィジー共和国で野球の普及活動を行った。
ラグビーが国技と言われている。野球に関してはプレーしている人はいるが認知度は低く、世界ランキングでも70位以内に入らず圏外になったことも。国内に野球場はなく、ラグビー場などで練習を行っているという。
そんなフィジーを北さんが訪問したのは、独立行政法人国際協力機構(JICA)が実施する「世界の野球グローブ支援プロジェクト」に対する、巨人の協力の一環。用具やユニホームを現地の子どもたちにプレゼントして、ボールの握り方などさまざまな指導を行った。日本や米国などでは大人気の野球だが、世界的に見れば、バスケットボールやサッカーと比べて競技人口は少なく普及していない。
20年の東京五輪で野球が復活するのは世界に発信する大きなチャンスだが、この先、将来的に野球が復活するのは世界に少しでも広まることを願った今回の活動だった。北さんは石川・小松工から06年高校生ドラフト1巡目で横浜(現DeNA)に入団。12年オフに土屋健二投手とのトレードで日本ハムに移籍し、15年6月には矢野謙次外野手、須永英輝投手とのトレードで日本ハムに移籍。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。