【巨人】岡本、あこがれ高級車ゲットもズボンがビリッ…頑健な下半身「成果」

巨人の岡本和真内野手(22)が27日、「2018 ヤナセ・プロ野球MVP賞」を初受賞し、都内で表彰式に出席した。
頑丈でエレガントな“ご褒美”が、岡本を奮い立たせた。「2018 ヤナセ・プロ野球MVP賞に輝いた22歳に、ヤナセ社から最新車種の「メルセデス・ベンツ Aクラス(A180スタイル)」が贈られた。車両本体価格は税込み362万円―憧れの高級車だ。
「ベンツのようにけがをしない、丈夫な体で来年も1年間戦い抜けるように頑張ります。そして、来年は優勝してEクラスをもらえるように頑張ります」 今季は第89代4番として、史上最年少で「3割・30本・100打点」を達成。来季は、過去に球団では中島治康、川上哲治、松井秀喜、ラミレスの4人(8度)だけが成し遂げた「全試合4番」が目標だ。
「下半身の粘りが基本」と走り込みやウェートトレで鍛錬する。成長の一端は意外な形で表れた。「あ、ズボンが破れた」。
股部分がビリビリ…。イベントの写真撮影中、車から降りた瞬間にまさかのアクシデントが発生。赤面したが、前向きに捉え「成果が出てるのかな」と頑健な下半身を実感した。
先制打へのこだわりも見せた。今季は打率3割9厘をマークしたが、第1打席では同2割5分6厘だった。
「初回に回ってきたチャンスで打てないことが多かった。もっと初回に点を取れれば楽な、有利な展開で進められる。しっかりそこでかえせるように打っていきたい」。
打棒がいきなり全開ならば、脅威も増す。前日26日は「フレッシュ賞」を受賞した「2018 報知プロスポーツ大賞」を体調不良のため欠席。
今季は全試合出場を達成したが、最後の最後で“離脱”してしまい「すみませんでした」と報道陣への謝罪も欠かさなかった。今季を漢字1文字で「勉」と総括。「優勝すること、勝つことは難しいですし、打てない時も打てる時もいろいろ勉強させてもらった1年でした」。
頑丈な肉体を駆使して勝利に導き、ベンツのように品格に満ちた4番に君臨する。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。