ソフトバンク内川は現状維持4億円 続けた反省の弁

ソフトバンクの内川聖一内野手(36)が27日、ヤフオクドーム内で契約更改交渉に臨み、2年契約最終年の来季を現状維持、年俸4億円プラス出来高でサインした。
しっかり出られるコンディションや、使おうと思ってもらえる成績を残さないといけないとあらためて思ったと反省の弁を続けた。昨季も出場73試合と不本意な成績が続いた。「良くない年が2年続きましたんで。」
年齢的にも、もう一回頑張らないといけない。契約も来年、きちんと契約をしてもらえる選手でいたいと意気込んだ。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。