広島の三連覇を支えた“育成出身”の助っ人

今季球団史上初となるリーグ三連覇を達成した広島。
2年目の17年に開幕から二軍で打ちまくり、同年の6月に支配下契約を結ぶ。6月3日のロッテ戦でも本塁打。二桁11本のアーチを描きリーグ連覇に貢献した。
今季は好不調の波がありながらも、25本塁打と持ち前の長打力を発揮。8月30日に放送された「ニッポン放送ショウアップナイター巨人-広島戦」で解説を務めた山崎武司氏は広島・バティスタについて「バッティング技術というのを力でカバーしているバッティングスタイルなんですけど、まだまだ日本の野球に慣れてくると、30発は軽くクリアしてくれるポテンシャルを持っていますね」と期待を寄せた。来季は39本塁打を放った丸が巨人へ移籍しただけに、バティスタの一発はより一層、重要になっていきそうだ。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。