秋田 金足農の吉田輝星投手が練習納め

夏の全国高校野球選手権大会で秋田県勢を103年ぶりの準優勝に導き、日本ハムからドラフト1位指名を受けた県立金足農業高校の吉田輝星投手が28日、秋田市の同校で、年内の「練習納め」を行った。
28日の秋田市内は、日中も断続的に雪が降り続き氷点下の寒さ。吉田投手は室内練習場で、3年生の野球部員らと一緒にバッティングなどで体を温めた。「体重は甲子園のころに戻った。」
疲れももうすっかり取れた」。甲子園でバッテリーを組んだ菊地亮太選手を相手に投球練習、「ずっと受けてもらっていたのでさみしい気持ちと話した。年末年始は自宅でゆっくり過ごし、元旦は「地元の先輩と20キロほどマラソンをする予定」という。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。