阪神・岩貞が熊本地震復興支援 故郷で野球教室開催 軟式球、義援金を贈る

阪神・岩貞祐太投手(27)が27日、熊本地震復興支援として熊本市内で行われた「野球ボール贈呈式・野球教室」に参加した。
公式戦1勝につき10万円の義援金を送り、1奪三振。50万円を益城町役場へ。
20万円は地元・若葉町の公民館の改修費として贈呈した。熊本地震から約3年。「復興もそうですし、野球振興をオフにできて本当に充実しています。」
(震災のあった3年前と比べて)実家の周りなどは傾いた家などが撤去され、きれいになっていましたと話した。野球教室では、益城町内の少年野球チームなど4チームの少年少女約70人が集まった。子どもたちにキャッチボールを披露すると、プロの速球に歓声が沸き起こるなど大盛り上がり。
締めのあいさつでは「野球ができているのは家族のおかげでもあるので、感謝の気持ちを持って頑張ってください」とエールを送った。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。