【巨人】大竹寛「床反力」UPで先発争い勝つ

巨人・大竹寛投手(35)が28日、床反力(ゆかはんりょく)を向上させて先発争いに挑む決意を示した。
ジャンプ系のメニューなど床反力を向上させるトレーニングを教わったという。「力の使い方だったり感覚が良くなれば、投球にいい影響になる。(鹿児島まで)行って良かったです。」
トレーニングが投球につながることが一番なので、そこを大事にしています この日は年内のG球場が使える最終日。球場閉鎖の直前までキャッチボールを行って入念に感触を確かめた。「シーズン終盤は140キロ台後半が出ていた。」
直球を強くしたいですと2月のキャンプに向けて万全の準備を整えていく。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。