【MLB】「球界から去って」10年経過の37歳が153キロ! 元米ドラ1左腕の剛球動画が凄い

ヤンキースのアルディロス・チャップマン投手やカージナルスのジョーダン・ヒックス投手のように100マイル(160キロ)を軽く超える剛速球を投じる選手が数多くいる米球界。
同施設で1月13日に行うイベントに関する投稿だった。このイベントはスカウトも参加する中で、ブルペンでの投球や打者との対戦ができるというもの。ここに登場する予定となっている元カブス傘下のルーク・ハガティー投手が、只者ではなかった。
ボビー氏は「元MLB選手でルール5ドラフトでも選ばれた、もうすぐ38歳になる左腕がイベントに登場する。球界を去って10年が経っている。その投手とは、ルーク・ハガティーだ。」
「この男の95マイルの球を見に来る価値がある。彼がもし契約を得ることが出来なかったら、驚きだ。(この映像を)ご覧あれ!」と記し、そこには、ハガティー投手の投球映像が添えられている。
ルーク・ハガティーは2002年のドラフト1巡目(全体32位)でカブスから指名を受けた左腕。2006年までカブス傘下のマイナーに在籍したものの、結果が残せず、2007年、2008年を最後に第一線からは退いていたという。
ただ、とあるトレーニング施設内のブルペンでハガティーが投じたボールは、なんと96.0マイル(約153.6キロ)の剛速球。左腕から繰り出されたボールは、なんと96.0マイル(約153.6キロ)の剛速球。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。