ストーブリーグも大詰め 広島の4連覇に待ったをかけるのは…【セ・リーグ編】

プロ野球のストーブリーグも大詰めを迎え、各チームの陣容もほぼ固まってきた。
5番候補として今季メジャー20発のビヤヌエバ、勝負強いオリックスの中島も入団。総得点リーグ3位だった今季を上回る、攻撃力が期待できそうだ。リーグトップの投手陣にも実績のある岩隈、新守護神候補のクックが加入。
西武からFAの炭谷も加わり、バッテリーを強化した。リリーフ陣に安定感が増せば、覇権奪回も見えてくる。最下位から巻き返しを図る阪神も、巨人に負けじと大物の補強に成功した。
FA市場でオリックスから西、中日を自由契約となった13勝左腕ガルシアを獲得した。助っ人勢の活躍次第で上位進出の道が開ける。
2位・ヤクルトは、投手陣の厚みが増した。ソフトバンクを戦力外となった寺原、五十嵐のベテランコンビが加入。助っ人も剛腕マクガフとスアレスの2投手を獲得した。
今季は守護神石山を中心に近藤、風張、中尾らが奮闘したが、リリーフ陣の層は薄く、弱点を徹底的に強化。秋吉との交換トレードで日本ハムから加わった高梨は、先発の一角として活躍が期待される。
DeNAは右のユーティリティーとして巨人を戦力外となった中井、左の速球派であるロメロが加入。
助っ人の発掘に定評がある森SDの評価も高い。与田監督のもと、ドラフト1位・根尾ら若手育成にも重きを置くシーズンとなりそうだ。最後に王者の広島。
4連覇へ、今季安定感を欠いた投手陣の強化を図った。中継ぎ左腕のカイル・レグナルト投手、先発タイプの右腕ケーシー・ローレンス投手を獲得した。ジャクソンが退団したが、シーズン途中に加入した変則右腕ヘルウェグがポストシーズンで活躍。
リリーフとして計算できる存在となったことで、来季もフランスア、中崎で形成する勝ちパターンの安定感はリーグトップクラスといえそうだ。野手陣は、丸が抜けて攻撃力低下の危機。ただ、外野のレギュラー定着を狙う西川もフルシーズンでどこまで成績を残すのか、楽しみな逸材。
今季25発のバティスタ、潜在能力を秘めたメヒアが爆発すれば、4連覇の可能性もグッと高まりそうだ。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。