ホークス・サファテが日本語での自伝出版を報告「私の生涯に関する話です」

ソフトバンクのデニス・サファテ投手が、年内に自伝を出版することを自身のツイッターで明かした。
「私の生涯に関する話です。良い時、悪い時、そして私が直面した最も困難な状況についても記されています」と内容についても明かした。さらに、「日本語だけでの出版になりますとも付け加えている。
2001年のドラフト9巡目でブルワーズに入団したサファテは、2006年にメジャーデビュー。その後、トレードでアストロズ、オリオールズと渡り歩き、メジャー通算92試合登板で5勝4敗、防御率4.53の成績を残した。2010年はメジャーでの登板がなく、2011年に広島に加入。
2012年オフに自由契約となり、ソフトバンクに移籍すると、その後は絶対的守護神として活躍している。2017年には日本記録を塗り替えるシーズン54セーブを挙げ、66試合で防御率0.67という驚異的な成績を残してMVPに。
今季は開幕直後に負傷離脱したが、名球会入りの基準である通算250セーブまで「21」と迫る229セーブを挙げており、来季達成に期待がかかっている。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。