【オリックス】ドラフト1位・太田椋 “ダルビッシュ級”の古巣への恩返し誓った

オリックスのドラフト1位・太田椋内野手(17)=天理高=が29日、“ダルビッシュ級”の地元への恩返しを誓った。
ほか元ロッテの金森敬之氏、柳田将利氏とプロ入り3人全てが投手。巨人から育成1位指名された山下航汰外野手(18)=高崎健康福祉大高崎高=とともに、初の野手となる。ダルビッシュは、チームに打撃マシンと移動用バスを寄贈。
地元を活気づかせるために太田は1軍で活躍することが不可欠となる。「小さい頃から夢のプロ野球選手になれた。1軍キャンプを迎えられたら最高の形と覚悟を示した。」

 
ref
 

コメントは受け付けていません。