【日本ハム】栗山英樹監督“殿馬級”二塁手出てこい「秘打『白鳥の湖』をできるやつ」

日本ハムの栗山英樹監督(57)が29日、来季の二塁レギュラー争いに挑む選手たちに“殿馬級”の成長を期待した。
今季は渡辺、横尾、杉谷、石井一、松本、田中賢らが二塁を守ったが、レギュラー定着はならなかった。殿馬は名曲のリズムに合わせて放つ秘打が武器だが、指揮官が求めるのは、まるで漫画の世界のようにスケールが大きく、既成概念にとらわれないプレーができる選手。「(現在は)野球の過渡期。」
大谷翔平は野球の神様が使わしたものだと思っていると二刀流で球界の概念を覆し、メジャーへと羽ばたいたまな弟子を例に挙げ、二塁手候補の成長に期待を寄せた。殿馬級のレギュラーが現れれば攻守にわたってプラスは大きく、16年以来のリーグ優勝にもグッと近づく。「もう一回、面白いチームをつくりにいく。」
「みんなが見ていて飽きないような」。漫画の主人公のような選手を育てて勝つ。栗山監督は本気だ。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。