元オリックス選手が社長に転身 客足の絶えない「バッティングセンター」の秘密

埼玉県さいたま市岩槻にあるアーデルバッティングドームはバッティングセンターや野球塾を中心に、人気を博している。
高見澤氏は現役引退後、アーデルバッティングドームに就職。2004年に店長になった後、現在も続く、野球塾をスタートする。2008年からアーデルの代表取締役として就任した。
スタッフも高見澤氏の人脈や人柄につられ、元ベイスターズ河野友軌と元プロ野球選手がずらりと揃う。彼らは、バッティングセンター運営の業務はもちろんのこと、隣接している室内練習場を拠点に活動する「野球塾」でも、小学生や中学生らを中心に指導する。高見澤は野球塾の理念について「野球塾だから技術だけを教えがちと思われるが、実際は違う。
次のステップで活躍してほしいと願うから、しんどいこともする。無理難題と思えることも、自律的に考えて乗り越えてほしい。とにかく子どもにつまらない人間になってほしくないと語る。
通う生徒は普段チームに所属しており、さらなるステップアップを目指している。その中でも、自主性を重んじ、豊かな発想力を否定しない。野球塾は、個人レッスンをしたり、バッティングセンターを飛び出して、濃密な練習を提供するウィンターキャンプを開催したりと毎日稼働しているほどの人気ぶりだ。
やはりキーワードは「楽しい」だと、高見澤氏は言う。近年叫ばれている、野球競技人口減少についても持論を伺うと……。「公園で野球ができない昨今、預けてくれている面もあると思う。
でも、保護者がちょっと介入しすぎているんじゃないかと思う。親が子供の荷物を持って帰ったり、ノックをしてても、子どもがお父さんの顔を窺っていたり、といった状況が目立つ 高見澤氏はこれまでの経験からの感想を述べ、さらにこう続ける。「スマホを使える親御さんがほとんどで、情報が簡単に手に入る。」
そうすると、楽しいものが見える反面、野球のリスクも余計なくらい見えてくる。そうなると、親が「やらせたくない」って決めつけているパターンもあると思う 現場での経験が豊富な高見澤氏だからこそ、時代の変化にも敏感に気づくのだろう。親が決めるのではなく、本来スポーツは遊びとして好き勝手やるもの。
公園での野球禁止は増加しているが、プレーすることの楽しさを奪ってほしくないと願っている。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。