大谷は来季DHの「格付け」2位 日本選手のトップはダル

大リーグ公式サイトは29日(日本時間30日)、米国で圧倒的人気の仮想野球ゲーム「ファンタジー・ベースボール」の19年版ランキングを掲載。
今回のランキングはゲームの成績に直結しないが、1年目に打者として打率・273、25本塁打、72打点、10盗塁の活躍が、DHの2位、全体121位に評価された。また、同サイトは来季の大谷の成績に直結しないが、攻撃面でかなりのインパクトを与える可能性があると分析が添えられた。
DHの1位はマリナーズをFAとなり、ツインズ入りに合意している通算360本塁打、17年打点王の大砲クルーズ。全体では49位にランクされた。
今季はけがの影響もあり1勝にとどまったが、来季は10勝、防御率3・74、157奪三振などと予想された。田中(ヤンキース)は先発投手37位、全体194位で11勝、防御率3・94、149奪三振との予想だった。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。