巨人新助っ人クックの「24」は由緒ある番号 過去には宮田、中畑、高橋前監督ら

巨人が29日、新外国人選手として、マリナーズからFAとなっていたライアン・クック投手の獲得を発表した。
チームでは過去には6選手が目立つ。ここで16選手の実績を振り返ってみたい。※()内は背番号24を付けた年。
○田代須恵雄(1937~39年) 37年秋、38年春秋で3シーズンでプレー。通算19試合出場、打率.250、0本塁打0打点だった。
41年に16試合登板し3勝1敗、防御率1.98。通算3年間で23試合登板し4勝2敗、防御率2.71だった。○長原孝治(1947年に巨人入り。
47年はわずか1試合登板、0勝0敗で防御率9.00。○関口清治(1948年) 巨人ではわずか1年だけプレー。
48年は11試合出場、15打数無安打に終わり、49年は肩の故障で制限選手となった。
プロ通算15年間で1532試合出場、打率.264、1298安打166本塁打731打点を記録した。○樋笠一夫(1951~57年) 1950年に広島でプレーし、56年3月24日の中日戦では杉下茂からプロ野球史上初の代打逆転サヨナラ満塁弾を放った。
プロ通算8年間で548試合出場、打率.229、315安打54本塁打194打点。○黒田能弘(1959~61年) 1959年ドラフト外で巨人入り。1軍では60年に1試合、2イニングを投げたのみだった。
62年にプロ入り。
65年には救援としてリーグ最多69試合に登板することが多かったことから「8時半の男」がニックネームとなった。
通算8年間で267試合登板、45勝30敗、防御率2.63。現役引退後は巨人、日本ハム、西武などで投手コーチを歴任した。○若生忠泰(1970年) 1955年に西鉄でプロ入りし、先発として活躍。
下手投げから変化球を投げる「ロカビリー投法」で一世を風靡した。69年は24番に変更。
70年は2試合登板、0勝0敗だった。同年限りで現役引退。プロ通算16年間で578試合登板、0勝0敗だった。同年限りで現役引退。
○広野功(1971年) 1965年ドラフト3位で中日入り。68年から西鉄、71年から西鉄、71年から西鉄、71年から西鉄、71年から巨人でプレーした。
プロ通算9年間で689試合出場、打率.239、440安打、78本塁打、264打点。引退後は中日、ロッテ、西武、楽天などでコーチ、フロントを務める。○小坂敏彦(1972年) 1969年ドラフト1位で早大から巨人入り。
70年1勝、72年4勝と勝ち星を伸ばしたが、73年の春季キャンプ前に高橋善正との交換トレードで日拓へトレード移籍した。プロ通算7年間で105試合登板、9勝8敗2セーブ、防御率4.74。○玉井信博(1974、75年) 1973年から巨人でプレー。
74年は3勝を挙げた。75年オフに太平洋に移籍。プロ通算6年間で103試合登板、13勝31敗2セーブ、防御率4.33。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。