36歳での海外挑戦へ…前ヤクルト・大松尚逸、なお燃えさかる野球への情熱

熱かった。
「引退はいつでもできる。でも、いったん引退してしまうと、戻れないですからね」。NPBで14年を戦い、通算84本塁打。
実績十分で、野球への取り組みにも妥協はない。12月に入っても、ヤクルトの2軍施設でトレーニングを続けていた。現役にこだわる理由は2つあった。
1つは体のコンディション的にプレーが可能であること。2つめは「違った野球を経験してみたい」というモチベーションだ。NPB他球団だけでなく、社会人チームへの加入も難しい状況は理解していた。
目を向けたのは海外だ。米国独立リーグ、メキシカンリーグなどが候補。元DeNAの久保康友らに話も聞き、環境もリサーチしていた。
「「全然違うと。時間も決められてなくて、球場に着いて30分ぐらいで試合が始まるとか。経験してみないとわからないですよね。」
「それが今後生きてくると思うんです」。目指す新天地は、不便で生活面も安全ではないかもしれない環境。それでも、目を輝かせながら挑戦への意欲を語っていた。
アキレス腱断裂の影響から16年オフにロッテを戦力外となり、17年にヤクルト入団。移籍後の経験が、視野を広げてくれたという。「ロッテで終わっていたら、今回(の現役続行)も考えていなかったと思うんです」。
昨季は2本の代打サヨナラ弾などで勝負強さを発揮。何より本拠地・神宮での初打席で、大歓声に鳥肌が立った感覚が忘れられなかった。同じ環境にいては味わえなかった“快感”を教えてもらい「ヤクルトで本当にいい経験をさせてもらったので」と感謝していた。
米独立リーグは5月開幕。今後は野球教室やイベント出演を行いながらトレーニングを続け、来春の契約を目指す。ヤクルトの球団関係者も「球団に残したかったんだけどね」と惜しんだ真っすぐな人間性。
挑戦は来年が最後になり得るという覚悟も持っていた。すべては納得して選手生活を完全燃焼するため。「まだ体が動くし、やりたいという気持ちがあるうちはねと大松。」
不屈の男は海を渡る日を心待ちに、バットを振り続けている。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。