【ソフトバンク】自由契約の摂津正、オファーなく現役引退

ソフトバンクを自由契約となった摂津正投手(36)が現役引退することが30日、分かった。
引退会見など今後については、年明けに球団と話し合う。摂津は08年ドラフト5位で入団。26歳とプロ入りが遅く「太く生きたい」と1年目から奮闘。
09年から2年連続で獲得した。11年に先発転向し、12年は17勝5敗で最多勝と最優秀中継ぎ投手は09年に新人王。
16年以降は勤続疲労や若手の台頭で、3年連続で7試合登板にとどまった。それでも黙々とファームで練習する姿は、若手の手本だった。普段は寡黙だが、今年5月22日の西武戦(ヤフオクD)で2年ぶりに勝利し「(ファンの)声援がありがたかったとお立ち台で涙する熱い一面も持っていた。」
12年から5年連続で開幕投手を務めるなど、エースとしてホークスを支えた右腕が、現役生活に終止符を打った。◆摂津 正(せっつ・ただし)1982年6月1日、秋田県生まれ。36歳。
秋田経法大付高(現・明桜高)からJR東日本東北を経て08年ドラフト5位でソフトバンク入団。09年から2年連続で最優秀中継ぎ投手、11年の先発転向後は、5年連続で最優秀中継ぎ投手、11年の先発転向後は、5年連続で2ケタ勝利をマーク。
13年WBC日本代表。181センチ、93キロ。右投右打。
既婚。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。