打の助っ人は残留も投の柱は流出 中日・2018年のIN/OUTまとめ

今秋のドラフトの“目玉”・根尾昂を引き当てた中日。
それを可能にしているのも、今季在籍した助っ人たちの残留があってこそ。今季打線の中核を担ったソイロ・アルモンテ、ダヤン・ビシエドの両選手が揃って残留当確。打率.348で首位打者を獲得したビシエドとは複数年契約を結ぶとも言われており、ドラゴンズファンは胸をなでおろしているところだろう。
また、外国人枠の関係もあって出番の限られていたスティーブン・モヤ、キューバ出身右腕のライデル・マルティネス、リリーバーとして重要局面を任されていたジョエリー・ロドリゲスも揃って新契約に基本合意している模様で、来季以降も活躍が期待される。その一方、大きな動きといえば、今季13勝を挙げてチームの勝ち頭だったオネルキ・ガルシアの退団だろう。先発陣を支えた左腕が抜けるのは痛手だが、森SDがその後釜候補としてロメロを連れてきた。
どれほど穴を埋められるのか未知数な部分もあるが、退団したガルシアをスカウトした張本人が太鼓判を押す新助っ人に期待したいところだ。球団ワーストとなる6年連続Bクラスに沈んだ中日は、与田監督とともにWBCで世界一も経験した伊東勤コーチを招へい。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。