投手個人の能力を見る2018年「K/BB」トップ10

このオフ、巨人から自由契約となったものの、再契約を果たした上原浩治。
与四球と奪三振という、球場のちがいや味方の守備の影響を受けない数値で割り出されるため、投手個人の能力を測るために有効だとされる。奪三振が多いほど、あるいは与四球と奪三振という、球場のちがいや味方の守備の影響を受けない数値で割り出されるため、投手個人の能力を測るために有効だとされる。
ちなみに2018年K/BBランキングはどんなものだったのか。下記は、50投球回以上※K/BBトップ10である。【2018年シーズンのK/BBトップ10】※50投球回以上を記録した12球団113人の投手におけるK/BBトップ10である。【2018年シーズンのK/BBトップ10である。【2018年K/BBトップ10である。【2018年シーズンのK/BBランキングはどんなものだったのか。下記は、50投球回以上を記録した12球団113人の投手におけるK/BB<奪三振/与四球|奪三振率/与四球率|防3.97 上沢直之(日) 151/38|8.91/1.64|防3.56|被打.2214.13 石山泰稚(ヤ) 62/15|7.57|被打.2815.42 桑原謙太朗(神)65/12|10.77/2.57|防2.07|防2.57|防2.08/1.54|防3.56|被打.2373.56|被打.2283.97 上沢直之(日) 87/15|7.63 塩見貴洋(楽) 159/29|9.00/1.66|防3.08|被打.245。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。