摂津正オファーなく引退「ホークスでやり切った」

今季限りでソフトバンクを退団した摂津正投手(36)が現役引退を決断したことが30日、分かった。
「NPBしか考えてなかった」。NPB以外からの誘いはあったが、ユニホームを脱ぐことを決めた。26歳でドラフト5位指名を受けた。
そこからエースまで駆け上がった。1年目から2年連続で2桁勝利を挙げた。
最優秀中継ぎ投手と沢村賞をダブル受賞したのは摂津以外にいない。「ホークスで終われた。やり切った」。
年明けには引退会見を行う可能性はあるが、「来年のオープン戦などで引退試合を行う予定だ。功労者だけに来年の開幕前の時に水を差すのもやっぱり…」と固辞するつもりだ。今後については「指導者もやってみたい」と話した。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。