闘将・星野仙一氏、鉄人・衣笠祥雄氏…2018年に逝去した主な日本球界関係者

平成最後のシーズンも、多くの野球人が世を去った。
68年ドラフト1位で中日へ。中日のエースとしてV9時代の巨人に闘志を燃やす。沢村賞1回。
また初代のセーブ王にもなった。引退後は中日、阪神、楽天で監督に。3球団をすべてリーグ優勝に導いた。
「闘将」として、野球ファンのみならず日本中を鼓舞した。2017年野球殿堂入り。1月17日 中村和久70歳(元巨人チーフスカウト) 社会人野球のリッカーミシンで監督を務めた後、1985年から巨人のスカウトに。
高橋尚成、阿部慎之助らを獲得。1月22日 片平晋作68歳(1181安打176本塁打) 東京農大から71年ドラフト4位で南海へ。のちに西武で活躍した一塁手。
王貞治にあこがれ、一本足打法を習得。一塁守備もうまくダイヤモンドグラブ1回。
大洋では打撃コーチ兼任となり、引退後は西武でコーチを務め、女子プロ野球イースト・アストライヤの監督も務めた。2月12日 種田弘85歳(40勝39敗) 京都府立鴨沂高から50年、創設1年目の大洋へ。1952年途中に退団後、西京観光に入社し、55年に阪急に。
56年に17勝。当時としては大柄な右腕、大きなカーブが持ち味だった。2月12日 高倉照幸83歳(1611安打168本塁打) 熊本商から1953年西鉄に。
駿足好打の外野手として、全盛期の西鉄で切り込み隊長として活躍。「キャップと呼ばれる。のち巨人、ヤクルトに。」
ベストナイン3回。オールスター出場9回。引退後は解説者、少年野球指導者に。
4月23日 衣笠祥雄71歳(2543安打504本塁打) 平安高校から1965年広島に。山本浩二と並ぶ中軸打者として長く活躍。ルー・ゲーリッグを抜く2215試合連続出場を記録し、国民栄誉賞。
MVP1回。盗塁王、打点王1回。ベストナイン3回、ゴールデングラブ賞3回。
オールスター出場13回。1996年殿堂入り。長く解説者として活躍した。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。