【巨人】原監督「和と動」で「一丸となって日本一奪回」…新年インタビュー〈後編〉

巨人・原辰徳監督(60)が、新年を迎え、スポーツ報知に新生・巨人を語り尽くした。
31日に発表されたチームスローガン「Show The Spirit~和と動」に設定した。「「和はチームワークやチームを愛する心、「動は個々のパフォーマンス。
両方が備わって、チームは最大限の力を発揮する。和は支えてくださるファンであり、動は戦う選手。ファンの熱い声援があってこそ、我々は一丸となってリーグ優勝、日本一奪回という目標にまい進できる。
そんなふうにいろいろな解釈ができる 第3次政権を執るに当たって、原監督は「これまでのキャリアは捨てる」と言ってきた。今季の背番号「83」も監督初年度の02年に背負った、まさに原点回帰でもあるが、このスローガンも同様だった。「実はこれは、僕が東海大相模の時に父親である原貢監督が「スポーツと学業の両立」と共に、合宿所に飾ってあった言葉。
ただ、意味を我々に説明してくれなかった。この3年間、現場を離れて、その意味が何となく、自分の中でああ、なるほどなと。60歳になってちょっと理解できてきた。
だからこれを自分は継承させてもらおうと思った 就任会見で「のびのび野球」を旗印とした。選手の中にはミスを恐れず、積極的にプレーすると解釈した者もいた。「「失敗を恐れないでいけというのは指示としてはマイナス。
俺はそんなことは言わない。試合というのは、練習の腕試しの場所。「お前さんが正しい練習をしているかどうかの発表会じゃないか、思い切っていってこいと正しく練習し失敗恐れぬ心 「失敗を恐れるなというのは選手の肩の荷を下ろすようにも思える指示だが、指揮官の解釈は違う。」
練習通りにできれば、失敗はしないという信頼があるから、そう言う必要がない。「結果でああだこうだは言わない。ただ練習で正しくできていたのに、試合になったらこう(違うように)打っていた、というのは何なの。」
練習のための練習やってたのかって。それじゃあ違うと。練習だろうが試合だろうが、自分のスタイルをなぜ貫けないのか。
それは許せないね。それと、勝負に関してはやっぱり貪欲に最後の最後まで諦めない。プレースタイルはマイナスなことは考えずに、のびのびと戦う姿勢であってほしい。
それともう一つ大事なことは、常にいいコンディションでゲームに臨む。この3点は譲れない 5年連続V逸となれば、球団史上ワーストを更新する。そんな最大の危機も、原監督の視界に影を落とすことはない。
過去は何の意味も持たないのだから。「不安は何一つない。もう希望しかない。」
毎年、横一線からスタートできる。立ち向かって全員を束ねて、一つになって戦う。一つになるというのは仲良くすることじゃなくて、同じ目的を持つ。
それは勝つことだと。3度目(の監督就任)だけど正直、いつもチーム状態が決していい状態で(お話を)受けていません。そういう点では望むところ、と思っています 全てをプラスに捉え、エネルギーに変える。
インタビューを終えるとき、原監督の表情が一層、明るさを増した。◆原巨人の過去の指針 かつては監督指針を漢字2文字で定め、これに「Show The Spirit」のフレーズを加えたものがチーム指針となるケースが多かった。02、03年のようにチーム指針が「Show The Spirit!」だけの年もあった。
12年からは監督指針とチーム指針の区別は実質的になくなった。◆原貢と辰徳の父子鷹 74年に辰徳氏は父・貢氏が監督を務めていた神奈川・東海大相模に入学。親子である以上、チームの和を保つため「おまえのライバルの力が少し劣っているくらいでは、俺は彼(ライバル)を試合で使う」という厳しい指導の下、74夏、75年春、夏、76年夏と4度甲子園に出場。
辰徳氏の東海大進学と同時に、貢氏が同野球部の監督に就任。4年間で7度、首都大学リーグ優勝を勝ち取った。◆原 辰徳(はら・たつのり)1958年7月22日、福岡・大牟田市生まれ。
60歳。東海大相模高、東海大を経て80年ドラフト1位で巨人入団。81年に新人王、83年は103打点で打点王とMVP。
95年に巨人監督復帰。
09年第2回WBCで日本代表を世界一に導いた。15年オフに退団。巨人では指揮を執った12年間でリーグ優勝7度、日本一3度を含む通算947勝712敗56分け。
18年1月に野球殿堂入りを果たした。181センチ、88キロ。右投右打。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。