ソフトバンクホークスのFA失敗は強すぎるから?昨今のFA戦線を分析する

丸佳浩と炭谷銀仁朗はジャイアンツへ、浅村栄斗はイーグルスへ、西勇輝はタイガースへと移籍することを決めた。
ホークスの三笠杉彦球団統括本部長は、両者の獲得にいたらなかった要因を問われ「あらためてゆっくりと考えたい」と話したという。FA市場への参戦は5年ぶりだったのだが、「成果なしの結果に意外な感じを受けるのは、ホークスに“金満球団”とのイメージが定着しているせいだろう。総年俸は12球団で最も高く、実際、FA交渉でも金銭的な条件では競合球団を上回る提示をしたと言われる。
浅村に対しては「4年総額28億円とみられる好条件を用意」(西日本スポーツ)4年20億円ほどと報じられたライオンズやイーグルスの提示額に有意な差をつけた。
残留を願うバファローズは4年10億円の契約だというから、やはりホークスの資金の豊富さが目を引く。ちなみに2018年シーズンの西の年俸は推定1億2000万円だった。選手のモチベーションのあり方はさまざまだが、「優勝したいという思いは誰しもが持っている。」
直近10年でリーグ優勝と日本一をそれぞれ5度達成しているホークスは、その願いが叶う確率が最も高い球団の一つ。「お金に加えて「強さ」もまた、選手獲得の大きな武器となるはずだった。にもかかわらず、2人との交渉が空振りに終わったのはなぜか。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。