ロッテの新人合同自主トレがスタート! 12分間走トップは地元出身の高卒右腕

ロッテの新人合同自主トレが10日、ロッテ浦和球場でスタートした。
注目のドラフト1位・藤原恭大外野手は「1周目から自分が思っているペースより速くてヤバいなと思いました」と振り返る通り、序盤は最後尾だったが、「だんだん離されていったので、さすがに恥ずかしいなと思ったので頑張りましたと最後はなんとか巻き返した。またロングティーでは、野手組の藤原、ドラフト7位・松田進内野手が鋭い当たりを連発していた。視察に訪れていた井口資仁監督は「キャンプインまで20日ありますので、(チームに)馴染んでほしいなと思います」と話し、「2月1日からはチームの中でのレギュラー争いが始まります。
1日でも早くポジションを掴めるように頑張って欲しいと思いますとエールを送っていた。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。