楽天・田中、昨季の成績は「基準になった」

5日に放送された『高嶋ひでたけと里崎智也 サタデーバッテリートーク』の『侍ジャパンプレーヤー』というコーナーに、楽天の田中和基が出演した。
打率.265、18本塁打、45打点、21盗塁という成績を残したことについて田中は「これが出来すぎたのかもしれないし、本当はもっとできたかもしれない。一つの基準になったかなと思っています」と今季に向けて物差しになったようだ。実はこのインタビューでインタビュアーを務めたのが、田中にとって立教大学野球部の1学年先輩にあたるニッポン放送・大泉健斗アナウンサーだった。
田中は「不思議な感じですね」と話していた。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。