阪神の新成人・才木&浜地が球団社長から高級ボールペン贈呈

(登板)試合数も25のラインは、しっかり超えていきたいと思いますと具体的な数字も目標に掲げた。また、矢野監督ら首脳陣の評価が高く、今季のブレークが期待される浜地は「20歳というよりも、もう3年目なので。結果が求められる年だと思っています。」
意識して結果を出していきたいと決意。「現実的にみて2桁目指さないかといえば違う。小さい目標を立てても仕方がない。」
今年の目標として掲げたいですと迷いなく言い切った。将来のチームを背負うべき逸材の2人。節目の年に大きな誓いを立てた。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。