【MLB】オリ、マ軍の元同僚・長谷川氏が語るイチローの素顔 「今では彼がロールモデル」

マリナーズのイチロー外野手は昨シーズン、5月にメジャー選手登録から外れ、会長付き特別補佐に就任してチームのサポートを続けた。
新シーズンでは再び選手として開幕ゲームを目指していくことになる。長谷川氏は今シーズン、イチローが残した成績に落胆することなかった。「今年1年間はイチローらしいプレーを見せてくれるでしょう。」
やると思いますよ。去年は外野手も多かったし、契約するまで時間がかかった。なにより痛かったのはキャンプ中のケガでしょう。
イチローだって生身の人間です。開幕まで時間がない中で早く仕上げないといけないと感じる部分もあったと思います 5月にはメジャー選手登録から外れ、会長付き特別補佐に就任した。マリナーズが用意したポストにはどのような意味があったのか。
「マリナーズはイチローに対して敬意を持っている。シーズン途中からプレーできなくなったが、会長付き特別補佐という肩書も用意してまでもチームに残ってほしかった。「マイナーでやってくれ」と言うのは失礼ですから。
アメリカの彼に対するリスペクトは本当に凄いです。昔でいうケン・グリフィー・ジュニアのレベルです 選手としてプレーはできなったが、試合に帯同してチームメートと練習は続ける姿があった。イチローが見据える先にあるものとは、一体何なのだろうか。
「シーズン中も試合に帯同して練習しているということは、3月の開幕に合わせているということです。準備期間は去年の春と比べれば雲泥の差。レギュラーとして1年フルでやることは厳しいかもしれませんが、準レギュラーとしてのポジションならある程度の成績を残すことは可能だと思っています」。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。