ソフトバンク武田の自主トレ珍光景 なぜ脚に「ギプス」をはめて投げるのか

ソフトバンクの武田翔太投手(25)が10日、福岡県春日市で、大竹耕太郎投手(23)らと行っている自主トレを公開した。
本人が「三種の神器」と呼ぶ器具について説明した。・「ギプス」 脚用の固定装具のことで、マジックテープで着脱できる。武田によると、前十字靱帯(じんたい)を負傷した人が使うような、医療用のものという。
キャッチボールの際、軸足にはめ、膝上からすね付近までを固定する。「脚を使わない。ロックしちゃえば、使えないという意識付けだ。」
前段として、久保コーチから授かった発想の転換がある。武田も、よく言われる「下半身を使って投げる」という意識だったが、逆に「下半身を使わずに投げる」という助言を受けた。これが転機になった。
自己分析すると、以前は「下半身を使おうとして、かえって使えていない」状態だった。「だから(下半身を使わずに投げるフォームはあり得ず「(意図して)使う」。
自然と使われるのだという。・踏み台 木製の台の上面が傾斜になっており、人工芝が張られている。横幅はプレート程度。
規定で定められたマウンドの高さ、傾斜に似せてある。“マウンド中央部分だけ切り出したもの”と考えるとイメージしやすい。この日、グラウンドに持ち出された4台のうち、1台は久保コーチの私物。
これを模し、武田がホームセンターでDIYした。1台だけ傾斜の角度が非常に急になっているが、これは設計ミスらしい。この上に立って投球動作を行い、まずは「フォロースルーのポジションをつくる」。
思い描くリリースポイントで球を離し、投げ終わったときの形を確認。「そこから逆算していくと、そこに至る過程を考える上で基準になるという。台の上から実際にボールを投げる場合も、シャドーピッチングの場合もあるが、背丈ほどの長さの木や、竹の棒を振り下ろす練習もある。」
下ろしたとき、棒が本塁へ真っすぐ向かうよう反復。「ロスがないように、投げる軌道を正す意識付けだという。踏み出す足の置き場にする使い方もある。」

 
ref
 

コメントは受け付けていません。