「eBASEBALL パワプロ・プロリーグ」初代王者は西武! 日本SでDeNAに快勝

NPBとコナミが共同で開催するプロ野球eスポーツリーグ「eBASEBALL パワプロ・プロリーグ」の日本一の座を決める「eBASEBALL パワプロ・プロリーグ 2018-19 SMBC e日本シリーズ」が12日に開催され、パ・リーグ代表の埼玉西武ライオンズがセ・リーグ代表の横浜DeNAベイスターズに勝利し、「eBASEBALL パワプロ・プロリーグ」の初代日本一に輝いた。
守っては先発の菊池投手が7回1/3を投げて3失点と好投し、DeNAに6-3で勝利した。試合後には、音楽グループのベリーグッドマンが登場して「eBASEBALL パワプロ・プロリーグ」のエンディングソング「プレイヤー」を演奏し会場を盛り上げた。さらに、表彰式では「eBASEBALL パワプロ・プロリーグ 2018-19」の個人タイトルが発表。
パ・リーグ4冠の活躍を見せたなたでここ選手が最優秀選手に選出された。また、同日開催されたモバイルゲーム「実況パワフルプロ野球」のeスポーツ大会「パワプロアプリ チャンピオンシップ 決勝大会」では、エドソン選手、モバイルゲーム「プロ野球スピリッツA」の「プロスピA チャンピオンシップ 日本一決定戦」では、〓V.I.P〓選手が最優秀選手に選出された。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。