【MLB】エンゼルスの「基盤」は大谷翔平 米メディアが太鼓判「DHだけでもインパクト」

メジャーでは大幅な戦力入れ替えを行い、大胆なチーム再建に乗り出すチームも多い。
米スポーツ専門サイト「ブリーチャー・リポート」では「各球団の基盤となる有望若手スター」と題した特集を展開。この中で、エンゼルスでは大谷翔平投手が選出されている。特集では「27歳以下」「残り3年以上の契約を持つ」「メジャー経験がある」という3つの条件を満た選手を対象に、長期にわたってチーム作りの中心となり得る選手をピックアップ。
エンゼルスでは“二刀流”大谷が選ばれた。エンゼルスには球界を代表するスターとなったマイク・トラウト外野手がいるが、2020年シーズン終了後にはFAになる予定。寸評では「傘下マイナーを急速に駆け上がってくる若手選手に、2年後から大きく頼ることになるかもしれない」としているが、彼らがメジャーの舞台に上がるまで「明らかな長期的基盤」となるのは「二刀流のスター、ショウヘイ・オオタニだ」と指摘している。
大谷は、打者としても投手としても戦力の核となり得る選手。
エンゼルスはその両面で大谷を頼ることになるのか、あるいは将来的にはどちらか1つに的を絞った形で中心人物としての効果を期待するのか。ファンならずとも気にかかる点ではある。その他のチームでは、昨季ナ・リーグ新人王に輝いたロナルド・アクーニャJr.(ブレーブス)や、日米野球で来日したフアン・ソト(ナショナルズ)、エウヘニオ・スアレス(レッズ)の名前も。
また、日系3世でもあるナ・リーグMVPクリスチャン・イエリッチ(ブルワーズ)も選出された。あと3年後、彼らはチームの核として活躍し続けているのか。ポテンシャルの高さはお墨付きの選手たちだけに、息の長い活躍を期待したい。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。