ホークス甲斐、最重要は“キャノン”にあらず 盗塁阻止よりも「大事なこと」とは

ソフトバンクの甲斐拓也捕手が11日、沖縄県内で行っている自主トレを報道陣に公開した。
充実していますと笑顔を浮かべた。昨年の日本シリーズでは6連続盗塁阻止を見せ、シリーズMVPに輝いた。“甲斐キャノン”が一躍脚光を浴び、オフはテレビ出演などで引っ張りだこになった。
ただ、それも甲斐にとっては過去の話。「気持ちは切り替えています。今季はより一層レベルアップできるようにやっていく。」
まだまだアピールしないといけない立場。ポジションを掴まないといけないと思っていますと気持ちが緩むことはない。シリーズ新記録となる6連続盗塁阻止、12球団トップのシーズン盗塁阻止率.447という数字が示す通り、“キャノン”と称される強肩が注目を集める。
だが、周囲の注目とは裏腹に、自身は「盗塁を阻止してアウトにできれば、それはいいですけど、それ以上に大事なのはブロッキングだったり、エラーだったり。1番はそこが大事になってくる。細かいところのミスを防いでいかないといけないと思いますし、盗塁阻止よりも大事なことだと思います」と語った。
2年連続でゴールデングラブ賞に輝いたが、守備成績はリーグで傑出しているわけではない。パ・リーグ捕手で最多となる8失策を記録しており、守備率.991はリーグで傑出しているわけではない。パ・リーグ捕手で最多となる8失策を記録しており、守備率.991はリーグで8番目。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。