【巨人】阿部、「遠慮」という名の“リミッター”解除

巨人の阿部慎之助捕手(39)が、正捕手返り咲きの野望を明かした。
苦手なコースや球種を突くことはもちろん、裏をかいた配球など、これは経験による蓄積が大きい。試合前のバッテリーミーティングや、試合中の状況に応じた作戦の修正。もちろん阿部が一塁手だったとしてもできなくはないが、より直接的に、効果的に伝えるためには、捕手に戻って正解だろう。
誰もが恐れるチームのドンではあるが、実は阿部は繊細で、気遣いの人だ。必要最低限の助言はしても「越権行為」にならないよう、内野手だった昨季まではバッテリーとはある程度、距離を置いていた。そんな「遠慮」という名の“リミッター”も、捕手復帰によって解除できる。
チームにムチを入れるべく、大いに暴れてくれるはずだ。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。