唯一の規定到達者0人は「情けない」 鷹・東浜、千賀&石川らの“虎の穴“入門へ

2017年に16勝をマークし、最多勝のタイトルを獲得したソフトバンクの東浜巨投手。
「去年はハイペースでいって最悪の形になった。今年はスローペースで抑えながらやっています」。12日に故郷の沖縄で行っている自主トレを報道陣に公開した東浜は、こう語った。
昨年は自主トレ公開の時点で、捕手を座らせた投球練習まで調整が進んでいたが、この日はバランスを確認しながら、5割程度で20球を投げただけ。「しばらく(捕手を)座らせる予定はないですねという。「前の年からずっとぶっ続けでやっていて仕上がったままだった」。
これまではキャンプインからアピールするための早仕上げを続けてきたが、ローテを争う立場から、ローテを1年間守るべき立場になった。昨季の反省から「シーズンのことも考えないといけない。投げ込む時は投げ込みますけど、メリハリをつけていきたい。」
ただ投げればいいってものでもないと、調整法を変更。3月末のシーズン開幕に照準を合わせる。昨季は103イニングに終わり、規定投球回には届かず。
さらに、怪我人が続発したこともあって、日本一になったにもかかわらず、チーム内での規定投球回到達者はゼロだった。これは、12球団でソフトバンクだけ。大黒柱となるべき東浜も「去年、誰も規定(投球回)に乗らず、情けなかった」と悔しがる。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。