松坂世代プロ入り年度に誕生した新成人…19年はいかに

新成人の19年シーズンはいかに-。
(対象は1998年4月4日のヤクルト戦でプロ初登板を果たすなど、登板53試合で6勝2敗5ホールド、防御率3・74。3連覇した広島投手陣の中で成長を示した。
【ヤクルト】 ・梅野雄吾投手(99年1月13日生まれ) 九産大九産から16年度ドラフト3位。1年目の17年8月9日・DeNA戦で先発して1軍デビュー。昨年は29試合で3勝2敗10ホールド、防御率7・09。
先発は1試合で、リリーフで存在感を示した。【巨人】 ・高田萌生投手(98年7月4日生まれ) 創志学園から16年ドラフト5位。ここまでプロ通算1試合。
昨年7月29日・中日戦で先発して2回6失点で負け投手だった。【DeNA】 ・京山将弥投手(98年7月4日生まれ) 近江から16年ドラフト4位。先発した18年4月1日・ヤクルト戦で1軍デビュー。
昨年は登板13試合で6勝6敗、防御率5・64。【中日】 ・藤嶋健人投手(98年5月8日生まれ) 東邦から16年度ドラフト5位。1軍デビューは、3番手で登板した昨年4月28日・DeNA戦。
この年は19試合で3勝1敗、防御率3・66。【阪神】 ・浜地真澄投手(98年5月25日生まれ) 福岡大大濠から16年度ドラフト4位。これまで1軍登板はなし。
昨年は、2軍戦で9試合に登板して3勝1敗1セーブ、防御率1・00。・才木浩人投手(98年11月7日生まれ) 須磨翔風から16年度ドラフト3位。1軍デビューは1年目の17年10月5日・中日戦。
この試合でプロ初ホールド。昨年は22試合で6勝10敗1ホールド、防御率4・61。先発で14試合、リリーフで8試合だった。
【西武】 ・今井達也投手(98年5月9日生まれ) 作新学院から16年度ドラフト1位。昨年は、6月13日のヤクルト戦で1軍初登板初先発を果たし初勝利。登板15試合で5勝5敗、防御率4・81だった。
【ソフトバンク】 ・古谷優人投手(99年2月19日生まれ) 江陵から16年度ドラフト2位。ここまで1軍出場を果たした選手はなし。
【日本ハム】 ・堀瑞輝投手(98年5月10日生まれ) 広島新庄から16年度ドラフト1位。17年8月9日・楽天戦で1軍デビュー。昨年は10試合で2勝3敗1セーブ1ホールド、防御率5・86。
【オリックス】 ・山本由伸投手(98年8月17日生まれ) 都城から16年度ドラフト4位。昨年は登板54試合でブレーク。4勝2敗1セーブ32ホールド。
ブルペン陣で存在感を発揮した。【ロッテ】 ・種市篤暉投手(98年9月7日生まれ) 八戸工大一から16年度ドラフト6位。昨年は、8月12日・オリックス戦で1軍初登板初先発。
登板7試合で4敗、防御率6・10。【楽天】 ・藤平尚真投手(98年9月21日生まれ) 横浜から16年度ドラフト1位。プロ1年目だった17年は、6月16日の阪神戦でプロ初登板初先発を果たすなど8試合で4敗、防御率6・10。
昨年は14試合で4勝2敗で横浜が日本一となった。
この年に開催された高卒のドラフト入団選手は、いわゆる“松坂世代”。横浜からドラフト1位で西武に入団した松坂大輔(現中日)や、高知商からドラフト1位で阪神に入団した藤川球児らがいた。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。