ロッテが前ハムのレアード、オリは助っ人右腕獲得…15日発表、各球団の人事は

ロッテは15日、前日本ハムのブランドン・レアード内野手の入団が決まったと発表した。
翌2016年には39本塁打を達成。昨季は120試合で26本塁打65打点に終わっていた。
またオリックスは新外国人選手としてパイレーツ傘下3Aでプレーしていたタイラー・エップラー投手の獲得を発表。背番号は「42」に決まった。2014年のドラフト6巡目でパイレーツに入団した26歳の右腕。
メジャー経験こそないが、昨季は3Aで28試合に登板(25先発)し、21勝15敗、防御率4.20、289回1/3で214奪三振、39四球と安定感の高さが光る。マイナー通算では通算111試合登板(25先発)で39勝29敗、防御率3.82。3Aでは2シーズンで通算55試合に登板(25先発)し、21勝15敗、防御率4.20、289回1/3で214奪三振、39四球と安定感の高さが光る。
身長196センチ、体重104キロの長身右腕で、先発として期待される。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。